My Photo Square

merusacn.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 24日

写真と向き合う

写真の世界が大きく変わってきています。

デジイチやミラーレスが格安に発売され、オート設定で取り敢えずシャッターを押せば、子供でも素人でも、撮影技術を学ぶことなくそれなりの立派な写真が撮れる時代になりました。 
色の再現技術も進み、誰が撮っても美しいフイルム調の写真も撮れるようになりました。

デジタルは、その場で撮った写真が確認出来、上手く撮れてなければ撮り直しをすることも出来ます。構図に悩めば、縦横構図、広い・狭い構図、ピントの位置も変えた構図とか、何枚も撮っておき、家に帰ってからじっくり考えられる時代です。解像度も飛躍的に上がって、多少のトリミングしても画質もほとんど落ちません。

レタッチソフト技術も飛躍的に向上しています。特に若い方のPhotoShop等を駆使したレタッチ技術には目を見張るものがあって素晴らしいです。写真とCGのコラボの新しいアートの世界も生まれ、人気が出てますね。

先日お若くて著名な写真家に「撮影条件をお伺いしたら、、、」、「カメラの技術の難しい質問なんかしないで下さい。撮影条件はカメラが勝手に決めてるのでカメラに聞いて!私は瞬間瞬間のひらめきでシャッターを押しているだけ!」、、、その天性のひらめきを持たれ、時間を惜しみなく撮影に使われている方が今をヒットしていく写真家の理由なのかもしれません。
c0167028_0145288.jpg

[PR]

by meruchichy | 2016-07-24 00:52 | メッセージ | Trackback
トラックバックURL : http://merusacn.exblog.jp/tb/25837680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< レンゲショウマ      座間のひまわり畑 >>